渓流釣りのお知らせ

渓流釣りのご案内に戻る

9月19日

吉ヶ平フィッシングパーク、キャッチアンドリリース協力区間[早水地内新守門橋〜遅場地内逆橋]に合計でイワナ約200kg、ヤマメ約55kgを放流しました。

この区間が良い釣り場になりますようキャッチアンドリリースにご協力お願いいたします。

また、遊漁には県内共通遊漁券または五十嵐川渓流券が必要ですので必ずお買い求めください。

本日8月19日より1週間、吉ヶ平フィッシングパーク上流守門川9号堰堤の工事に伴い周辺流域に濁りが出ます。釣行を予定される方は予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

三条市と行なっている本流キャッチアンドリリース協力区間の記事が
発売中のFlyFisher9月号に5ページに渡って掲載されています。

事業の内容などについてはこちらにも掲載されています。
FlyFisher ONLINE

7月20日

本流キャッチアンドリリース協力区間(守門川合流地点〜白山橋)に
平均サイズ530g・約40cmクラスのニジマス100匹を放流しました。

本流域の釣り場環境保護のためにもキャッチアンドリリースにご協力お願いいたします。
また、遊漁には県内共通遊漁券または五十嵐川渓流券が必要ですので必ずお買い求めください。

本流ニジマス放流1

本流ニジマス放流2

本流ニジマス放流3

7月6日
吉ヶ平フィッシングパークおよび上流キャッチアンドリリース区間に放流しました。
今回の放流量はイワナ92尾、ヤマメ177尾、合計約100kgです。

7月6日放流-画像1

7月6日放流-画像2

7月6日放流-画像3

7月6日放流-画像4

7月6日放流-画像5

7月6日放流-画像6

7月6日放流-画像7


放流前日の7月5日上流のキャッチアンドリリース区間にて↓
渇水でフィッシングパーク周辺は厳しい状況が続いておりましたが増水後は良い状況でした。
良いポイントにはコンスタント魚がついており、ミノーに口を使ってくれました。
CR区間放流魚
小さいですがネイティブも
CR区間ネイティブ

只今、各地で豪雨による被害・警戒情報が発表されております。
吉ヶ平周辺も雲がたまりやすい地域ですので豪雨による急な増水も起こります。
お出かけの際には天気予報など情報にご注意のうえお越しください。

三条市の防災カメラで五十嵐川水系の状況をご確認いただけます。
三条市の防災カメラはこちらから

YAHOO!天気・災害情報で五十嵐川の水位をご確認いただけます。
五十嵐川の水位はこちら

地域観光活性化のため五十嵐川本流に大型渓流魚(イワナ・ヤマメ・ニジマス)を放流しました。
大型渓流魚のキャッチアンドリリースにご協力お願い申し上げます。

対象区間は白山橋〜守門川の合流地点までの本流区間で、

対象魚種は産卵個体数の多い大型のイワナ・ヤマメ・ニジマスです。

かつてはヤマメなどの好釣り場であった本流域も河川環境や気候の変化、水温の問題等で渓流魚が定着しにくい環境となっています。この地域に再び魚が定着し、良い釣り場になるよう活動を続けてまいりますのでアングラーの皆様にもキャッチアンドリリースのご協力をお願い申し上げます。

尚、遊漁には県内共通遊漁券または五十嵐川渓流券が必要ですので必ずお買い求めください。
また遊漁の際は地域住民の生活・農業の妨げにならないよう駐車・休憩時のマナーに十分ご配慮ください。

区間内には看板を設置しております。

本流キャッチアンドリリース看板

2020年度の吉ヶ平フィッシングパークがオープンします。

期日、 6月1日(月) 朝8:30 より

みなさまのご来場お待ちしております!!

今年度も良型のイワナ・ヤマメを放流いたしましたので是非お楽しみください。

フィッシングパーク区間

三条市吉ケ平地内の守門川第1号堰堤から守門川第7号堰堤までの守門川及び県道183号線の堰江橋の直ぐ上流の滝から守門川との合流点までのアバラシ沢の区域
区間内は一般の遊漁券では入場できませんので吉ヶ平山荘にて区間用の釣り券をお求めください。


フィッシングパークは持ち帰り禁止のキャッチアンドリリースで、
釣り具はルアー(シングルフック)・フライ・テンカラのみ。
開場時間:平日8:30~17:00 土日祝日6:00~17:00


1日券 ─ 2,000円
年券 ─ 10,000円

この釣り場がますますよくなりますように、確実な購入をお願いします。


キャッチアンドリリース区間延長に関して

※フィッシングパーク上流の1号堰堤から6号堰堤まで
 キャッチアンドリリース区間が延長されました。

1号堰堤から6号堰堤までの区間はフィッシングパークの遊漁券五十嵐川渓流券県内共通遊漁券いずれかでの入渓が可能ですがフィッシングパークと併せて放流を行っている区間ですのでキャッチアンドリリースのお願いをいたします。


↓5月12日放流時のフィッシングパークの様子です。今年は雪代が少なめです。




守門川牛野尾谷流域に三条市との共同事業での追加放流を行いました。
この流域では地域観光活性化と資源保護を目的とした
「キャッチアンドリリース又はキープを1日3尾まで」の捕獲制限のご協力をお願いしております。

対象の流域・詳細情報はこちらをご覧ください。

なお、入渓には県内共通遊漁券及び五十嵐川渓流券が必要です。
お持ちでない方は遊漁券取扱店で必ずお求めくださいますようお願いいたします。

渓流アングラーの皆様にお知らせとお願いです。

守門川流域吉ヶ平フィッシングパークを挟んでの上下区間に
三条市との共同事業で地域観光活性化と資源保護を目的としたイワナの濃密放流を行いました。
それに伴い下記制限にご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

またこの区間は県内共通遊漁券及び五十嵐川渓流券でご入渓いただけます。
お持ちでない方は遊漁券取扱店で必ずご購入くださいますようお願いいたします。

フィッシングパーク下流域[早水地内新守門橋〜遅場地内逆橋]
早水地内新守門橋〜遅場地内逆橋までの区間MAP
上記地図の赤線区間は

キャッチアンドリリース又はキープを1日3尾までのお願い

フィッシングパーク上流域[守門川1号堰堤〜上流6号堰堤]
守門川1号堰堤〜上流6号堰堤までの区間MAP
上記地図の赤線区間は

キャッチアンドリリースのお願い

6月15日、上記エリアと吉ヶ平フィッシングパークに放流しました。

6月15日放流_1
6月15日放流_2
6月15日放流_3
6月15日放流_4
6月15日看板立て

雪代が終わり吉ヶ平も毛鉤の季節を迎えております。
フィッシングパークも好調に釣れておりますので皆様のご来場をお待ちしております。

セブンイレブンの三条滝谷店(下田郷)で、五十嵐川遊漁券が購入できるようになりました。

24時間営業ですから、当日の遊漁の直前にも入手できます。

現場売りは1000円増しですから、遊漁者のみなさんの選択肢が広まりました。

必ず遊漁券を手に入れての遊漁をお願いします。

トップへ