渓流釣りのお知らせ

渓流釣りのご案内に戻る

今年度より五十嵐川漁協の遊漁券がインターネットで購入ができるようになります。
インターネット遊漁券販売サイト「つりチケ」のサイトからご利用下さい!
インターネット遊漁券販売サイト「つりチケ」
※ご利用いただけるようになりました。

つりチケの詳細はこちら

お天気にも恵まれ、いよいよ今シーズンも始まりました。

暖冬小雪と言われた今冬でしたが、まだまだ残雪も水量も多いので
気を付けて釣りを楽しんでいただきたいと思います。

3月に入り、心なしか風も春めいてきたように感じます。
五十嵐川も、日差しにキラキラ輝いてとても綺麗です。

たくさんの方々からお出でをいただけるよう、お待ちしております。

今年度より五十嵐川漁協の遊漁券がインターネットで購入ができるようになります。
インターネット遊漁券販売サイト「つりチケ」のサイトからご利用下さい!
インターネット遊漁券販売サイト「つりチケ」
※現在準備中です。

本日3月9日の本流、駒出川、守門川、吉ケ平ゲートの様子です
かなりの雪が残っていて水量も多いです
遡行はむずかしいところもありますので十分お気をつけください

 

本流
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

駒出川

OLYMPUS DIGITAL CAMERA守門川OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吉ケ平ゲートOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

明日 3月1日 いよいよ今シーズンのスタートです!

今年は雪が少ないので、春の訪れが早いかもしれません。
ただ、福島県境など山間部ではまだまだ残雪も多いです。
釣り場としては 守門川は遅場集落より下流 駒出川は中下流域が可能です。

さて、五十嵐川は冬の間「白鳥の飛来地」としての役目も担っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

白鳥たちが飛び立ったあとには多くの釣り人で賑わっていてほしいです。

みなさん こんなステキな五十嵐川に足を運んでみませんか?
五十嵐川漁業協同組合一同 心よりお待ちしております。

7月14日(火)イワナ稚魚2,000尾を大谷川の岩菅橋付近に放流しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

、ヤマメの稚魚2,000尾を守門川の新守門橋から放流しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成27年7月15日 五十嵐川漁業協同組合 竹内

いよいよ今シーズンが始まります。

解禁前の2月28日と、3月6日 スノーシューを履いて

守門川上流 逆さ橋からアバラシ沢まで行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は残雪が多く、奥の方ではまだ約2.5m以上あります。

今年の雪は非常にゆるくガサガサなので、雪崩が起きやすくなっています。

川の縁は雪が切り立っていて一度降りると上がるのがむづかしいので、十分注意してください。

平成27年3月7日  五十嵐川漁業協同組合 事務局員 佐藤

 

 

 

 

3月22日の守門川の状況をお知らせします。(写真をクリックすると拡大します)

3月22日午前8時「吉ヶ平保存会」を中心とするメンバー十数人に加えてもらい、遅場集落最奥のバスの回転場から吉ヶ平までスノーシューで歩いてきました。

天候は、出発時から雪が降ったり止んだり、時々吹雪の状態でしたが、帰りには晴れて気持ちの良いスノトレでした。行程は吉ヶ平山荘(旧吉ヶ平分校)まで片道およそ2時間でした。

今年は寒かったので、まだ雪代が出ないようで、川の中の大石の上は雪が積もっているし、流れの脇は切り立った雪の壁なので川に降りるのも大変だし、降りてしまうと上がってくるのも大変そうです。まだ釣り人が入っていないらしく足跡は見当たりませんでした。

釣りに入る時は十分注意してください。

平成16年からの度重なる水害と災害復旧工事のため、瀬と淵が交互に現れる本来の渓相が失われ、川がすっかり平らになってしまいました。 『魚は棲みにくいだろうなー!!。』

20㎝以下の魚が釣れたら、『ご苦労さん』と声をかけて逃がしてあげてください。

写真を張り付けておきますので参考に見てください。

逆さ橋を渡る参加者               

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

逆さ橋上流4号堰堤下の淵

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

逆さ橋より下流を望む           

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左岸側の道との出会い(正面左岸側の道路、右逆さ橋)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

逆さ橋を過ぎて暫く行くと、広々とした気持ちの良い雪原に出ますが、雪庇の発達した右側の尾根から大規模な雪崩が出て雪原を横切り、川まで達する場所があるので、油断をせずに注意して早く通過しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吉ヶ平山荘(旧吉ヶ平分校)は雪の中

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吉ヶ平1号堰堤上から樽井橋を望む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吉ヶ平大池は雪の原 気温が上がって雪が緩むと池に落ちて『死ぬー!!』【ガイドがいない時は絶対に雪田に入らぬこと】 吉ヶ平山荘から片道20分強 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遅場から吉ヶ平大池まで2時間30分で行ける。天気の良い時はちょうど良いスノトレコース

平成26年3月24日 五十嵐川漁業協同組合 事務局長  竹内 事務局員 佐藤

 

ご無沙汰しておりました。

渓流釣り解禁が目前となり、少し時間が取れたので情報を仕入れに行ってきました。

2月26日珍しく青空、14時頃から車を飛ばして守門川の状況を見に行ってきました。

今年は寒い日が続いたので、まだかなり雪が道路脇にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(写真をクリックすると拡大します) 

濁沢集落入口の白岩橋の上から見ると水はきれいに澄んでいますが、昨年の災害復旧工事の後遺症で淵が埋まり川の底はかなり傷んでいるようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葎谷地内の田麦沢合流点上流の小さな橋(水害で流失架け替え済み)から見た感じでは、少しは良くなっているかなー!!といったところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遅場集落入口の新前橋から見た感じは川底の石が飛んで岩盤が出ているので、状態は良いとは言えないようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遅場集落最奥のバスの終点に車を置いて上流の逆さ橋少し手前までスノーシューで歩いて見てきました。

まだ雪が多く。雪崩がつくのはこれからですので、急斜面の下を通るときにはくれぐれも注意を怠らないように、半分天井を見ながら歩きましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

逆さ橋付近はまだ雪が多く、川に近づくのは危険です。

十分気を付けて釣りをしてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話は変わりますが、昨年の渓流魚の放流状況をお知らせします。

やまめ稚魚 7月10日 14,000尾 守門川、駒出川

イワナ稚魚 7月12日  9,000尾 大谷川、駒出川

イワナ稚魚 10月2日  8,700尾(小・中) 大谷川支流及び親沢

イワナ成魚 10月14日 150尾 大谷川支流(水害でイワナが絶滅した可能性が強い沢)源頭放流

————————————————————————— 以上です。

平成26年2月28日 五十嵐川漁業協同組合 事務局長 竹内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去る7月10日、ヤマメの稚魚1,4000尾を守門川の遅場堰堤上流と濁沢入り口の白岩橋下へ2/3、駒出川の払い川との合流点下流へ1/3に分けて放流しました。駒出川の放流では大浦小学校の生徒さん達がお手伝いをしてくださいました。

守門川 逆さ橋からバケツ吊下げで放流

IMGP0010

IMGP0006

白岩橋からバケツ吊下げで放流

IMGP0017

駒出川 大浦小学校の生徒さん達が放流のお手伝い。

IMGP0022

7月12日 イワナの稚魚9,000尾を大谷川の本流、岩菅橋、榾橋、ブナ沢合流点、野毛沢大久保沢合流点の4か所に放流しました。このイワナの稚魚は八十里越え工事の安全協議会様からいただきました。

大谷川 岩菅橋からバケツ吊下げで放流

IMGP0029

榾橋からバケツ吊下げで放流

IMGP0031

ブナ沢合流点 50m高所の林道よりバケツで運搬放流

IMGP0046

大久保沢の橋からバケツを下し放流

IMGP0056

大谷川本流・支流のイワナは平成23年の7.29水害と翌年春のブナ沢源流の山体崩壊により発生した土石流により壊滅状態になっています。川が落ち着いて自然産卵で生息数が元に戻るまで何年かソットしておいてほしいところです。

平成25年7月19日 五十嵐川漁業協同組合 事務局長 竹内

 

 

 

トップへ